目元 たるみ

やはり毎日の積み重ねが目元のたるみ予防には大切です。

睡眠不足はお肌の大敵です。

 

しっかりと睡眠を得られた時の翌日の肌には潤いがありますが、忙しい女性はそういった日常もままならないことが多いです。

 

今までは若さという武器があって、お肌の老化に目を配ることはなかったとしても、30代を過ぎたあたりから日に日に衰えを感じてくる部分があります。

 

特に顕著にその症状が現れるのは目元、つまり目の下のたるみでしょう。

 

「疲れてる?」とふいに人に聞かれ、「そう見えるのかなぁ?」と思って鏡をまじまじと覗くとそこには本当にくたびれた自分がいて驚くことがあります。

 

どんなにうわべのメイクを頑張ったとしても目元のたるみはメイクでは誤魔化しきれないやっかいなものなのです。

 

私の母親もそうだったのですが、だんだん年老いてくると目の下にくっきりとシワが刻み込まれ、やがてそこがダルンと膨らんできて治ることはありませんでした。

 

元々化粧に凝るという人でなかったのと、忙しさのあまりお肌のケアを全くしない人だったということもあるでしょう。

 

そんな実の母親を見ていたせいか、自分のそうなるのだろうかと思っていました。

 

ですから、どんなに疲れた日でもせめて目元のパックをのせるだけでもしようと試みてきました。

 

目元のたるみには老化のせいもありますが、遺伝要素も少なからずは含まれているかと思います。

 

ですが、そうなんだと諦めてしまうとおのずと結果たるみを受け入れ招いてしまう結果になると思います。

 

私は断固受け入れたくない派として今まで必死に努力してきました。毎日の化粧水、美容液、冬でも紫外線をしっかりと防ぎ、角質を分厚くしないようにして新陳代謝を促すようにビタミンも食品から意識して摂取してきました。

 

そのかいあってか、睡眠不足となった日でも顕著な目元のたるみといったトラブルには巻き込まれていません。

 

やはり、一瞬の効果的な美容液は存在しないのです。

 

毎日の積み重ねが大事なのだと年齢を重ねた今実感します。